『ダンタリアンの書架』コミック連載開始(2)

ダリアンDays扉絵2010年3月26日発売の『月刊コンプエース』5月号より、『ダリアンDays』の連載が始まります。『ダンタリアンの書架』のアナザー・ストーリーとして、共通の世界観で描かれるオリジナルのコミック作品。作者は瀬菜モナコ先生です。

名門女子校を舞台にダリアンと没落貴族の娘プリシラの交流を描きつつ、学園に隠された謎を解き明かしていくという華やかでミステリアスなストーリーになっています。一方で学園生活を送るダリアンの日常生活など、本編ではなかなか描かれることのないレアな場面も多数。こちらもぜひ応援よろしくお願いいたします。

『ダンタリアンの書架』コミック連載開始(1)

ダンタリアンの書架コミック版扉絵2010年3月26日発売の『月刊少年エース』5月号より、『ダンタリアンの書架』コミック版の連載が始まりました。作者は阿倍野ちゃこ先生です。

内容は小説版をベースに、コミック版独自のアレンジを加えたものになっており、原作版を読んでくださった方もそうでない方も十分に楽しめるものになっていると思います。非常にクオリティの高い作画で原作版を凌ぐ圧倒的な「雰囲気」が表現されており、繊細で可愛いダリアンと格好いいヒューイを、ぜひ楽しんでいただければと思います。

応援よろしくお願いいたします。

幻獣坐 -The Scarlet Sinner- 発売

幻獣坐_表紙講談社ノベルス『幻獣坐 -The Scarlet Sinner-』が発売になりました。

人の死を操る異能の力を持つ少女、藤宮優々希と、自らの目的を果たすために彼女の能力を利用しようとする少年、久瀬冬弥の駆け引きを描くクライム・サスペンスです。

なお、本作では『バッカーノ!』『デュラララ!』等の作者である成田良悟さんにオビのコメントを書いていただきました。軽妙洒脱な成田さんらしい言い回しでありながら、この作品の構造をひと言で表してくださっている素晴らしいコメントです。ありがとうございます!

本作についての詳しい情報は、こちらの講談社ノベルス特設サイトで(2010年4月3日まで)。壁紙のダウンロードもあります。

ミステリ魂。校歌斉唱!メフィスト学園 発売

メフィスト学園講談社ノベルス『ミステリ魂。校歌斉唱!メフィスト学園』(メフィスト編集部・編)が発売になりました。三雲の『無貌の王国』という作品が収録されています。

『無貌の王国』は、同日発売の三雲の新刊『幻獣坐 -The Scarlet Sinner-』の原型になった作品で、若干の細かな差異はありますが、作品の舞台や登場人物はほぼ同じです。もし『幻獣坐』が気に入っていただけたらこちらも、あるいはこちらを気に入っていただけたら『幻獣坐』のほうも読んでもらえたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

アスラクライン14発売

アスラクライン14表紙電撃文庫新刊『アスラクライン⑭』が発売になりました。

14巻はリバーシブルの両面カバー仕様ということで、カバー裏面にもうひとつのカバーイラストが印刷されています。裏面も和狸さん描きおろしの素晴らしいイラストになってますので、ぜひ購入してご鑑賞ください。
今回の舞台は、アスラクライン第1巻からちょうど一年後。13巻ラストで登場した「彼女」たちと智春の最初の遭遇をはじめ、おなじみの人々のその後などサービス増量でお届けしています。感想よろしくお願いします。

さらに詳しい情報は、こちらのエントリーで。