コミカライズ掲載誌発売中

コミカライズ載ってます『電撃大王』と『少年エース』・『コンプエース』の2010年6月号がそれぞれ発売になっています。

『電撃大王』では、コミック版『アスラクライン』(あきづきりょう先生)の第20話、
『少年エース』では同『ダンタリアンの書架』(阿倍野ちゃこ先生)の第2話、
『コンプエース』では『ダリアンDays』(瀬菜モナコ先生)の第2話

が掲載されてます。よろしくお願いいたします!

『少女ノイズ』文庫版発売

少女ノイズ文庫版表紙光文社文庫版『少女ノイズ』が発売になりました。2007年12月に発売された同名の単行本の文庫版です。

ミステリアスなヘッドフォン少女『メイ』とバイト講師の大学生『スカ』が、巨大予備校《雙羽塾》で起きる少しダークな事件を解決していく、という本格ミステリ(たぶん)です。少し懐かしいあの人が大人になって登場してたりします。あまり甘ったるくない青春ミステリがお好みの方に。

なお、本作では『図書館戦争』『シアター』等の作者である有川浩さんに、巻末の解説を書いていただきました。これまで本職の書評家の方々にも指摘されたことのないこの作品の本質を、ものすごい精度で見抜かれて、驚いたというか正直、動揺しました。有川さんの文章を楽しむためだけにでも、この本を読んでいただく価値のある最高の解説だと思います。有川先生、お忙しい中、本当にありがとうございました。

コミック版『アスラクライン』3巻発売

コミック版「アスラクライン」3巻表紙コミック版『アスラクライン』3巻が発売になりました。作画はもちろん あきづきりょう先生です。

今回は合宿編ということで、口絵は科學部員のヒロイン三人の水着姿。本編もサービスカット多めの嬉しい内容になっています。そしてストーリーのほうもいろいろと意味深なシーンが登場して、原作とはひと味違う気になる展開に。コミック版を未読の方も、この機会にぜひご覧になってみてください。

なお同じく本日発売の『月刊コミック電撃大王』にてアスラクラインは引き続き連載中です。こちらも応援よろしくお願いいたします。

『ダンタリアンの書架』コミック連載開始(2)

ダリアンDays扉絵2010年3月26日発売の『月刊コンプエース』5月号より、『ダリアンDays』の連載が始まります。『ダンタリアンの書架』のアナザー・ストーリーとして、共通の世界観で描かれるオリジナルのコミック作品。作者は瀬菜モナコ先生です。

名門女子校を舞台にダリアンと没落貴族の娘プリシラの交流を描きつつ、学園に隠された謎を解き明かしていくという華やかでミステリアスなストーリーになっています。一方で学園生活を送るダリアンの日常生活など、本編ではなかなか描かれることのないレアな場面も多数。こちらもぜひ応援よろしくお願いいたします。

『ダンタリアンの書架』コミック連載開始(1)

ダンタリアンの書架コミック版扉絵2010年3月26日発売の『月刊少年エース』5月号より、『ダンタリアンの書架』コミック版の連載が始まりました。作者は阿倍野ちゃこ先生です。

内容は小説版をベースに、コミック版独自のアレンジを加えたものになっており、原作版を読んでくださった方もそうでない方も十分に楽しめるものになっていると思います。非常にクオリティの高い作画で原作版を凌ぐ圧倒的な「雰囲気」が表現されており、繊細で可愛いダリアンと格好いいヒューイを、ぜひ楽しんでいただければと思います。

応援よろしくお願いいたします。